最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

善医の罪 (文春e-book)

  • 98 読みたい
  • 73 現在読んでいるもの

発行元 久坂部 羊 .

    Download 善医の罪 (文春e-book) 本 Epub や Pdf 無料, 善医の罪 (文春e-book), オンラインで書籍をダウンロードする 善医の罪 (文春e-book) 無料で, 本の無料読書 善医の罪 (文春e-book)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 善医の罪 (文春e-book) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  久坂部羊
    • レーベル:  文春e-book
    • 発売日:  2020年10月23日
    • 出版社:  文藝春秋
    • 商品番号:  4390000005965
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    彼女は善意の名医か、患者を殺した悪魔かーー。


    クモ膜下出血で意識不明の重体で運ばれてきた、横川達男。彼の手術の執刀医の白石ルネは、これ以上の延命治療は難しいと、本人の意志もあり治療を中止することを決意する。横川の苦しむ様子に耐えられなくなった家族は同意し、白石は横川を尊厳死に導いた。

    数年後、白石が記したカルテと、立ち会った看護師のメモが食い違っていることが告発される。そのメモによると、白石は患者に筋弛緩剤を静脈注射したというのだ。事態は病院中を巻き込んだ大問題になり、やがてマスコミがかぎつけることに。白石を名医だと感謝していた横川の遺族は考えを変え、彼女を告訴することにした。

    一体どこで歯車がくるってしまったのか。外科医に鬱屈を抱える麻酔科医、保身にはしる先輩外科医、女性としてルネに劣等感を感じる看護師。

    様々な立場の者たちの思惑が重なり合い、事態は思わぬ方向へと転がることにーー。現役医師が圧倒的なリアリティで描いた、スリリングな医療小説。

あなたも好きかもしれません

善医の罪 (文春e-book) by 久坂部 羊 ダウンロード PDF EPUB F2