最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

尾張の虎 剣客大名 柳生俊平 : 11 (二見時代小説文庫)

  • 77 読みたい
  • 48 現在読んでいるもの

発行元 麻倉一矢 .

    Download 尾張の虎 剣客大名 柳生俊平 : 11 (二見時代小説文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 尾張の虎 剣客大名 柳生俊平 : 11 (二見時代小説文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 尾張の虎 剣客大名 柳生俊平 : 11 (二見時代小説文庫) 無料で, 本の無料読書 尾張の虎 剣客大名 柳生俊平 : 11 (二見時代小説文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 尾張の虎 剣客大名 柳生俊平 : 11 (二見時代小説文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  麻倉一矢
    • レーベル:  二見時代小説文庫
    • シリーズ名:  剣客大名 柳生俊平
    • 発売日:  2019年12月06日
    • 出版社:  二見書房
    • 商品番号:  7275398550011
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    許すまじ将軍吉宗を!

    暴走する「尾張白虎党」。桜町天皇の密使も暗躍。

    尾張藩に渦巻く吉宗への不信と怨みに火がついた!


    天下を揺るがす一大事も……。

    将軍の影目付・俊平に迫る国許からの脱藩覚悟の談判。


    将軍吉宗が鷹狩りでまたもや銃撃された。残された銃には、尾張藩の三ツ葉葵の定紋。尾張藩には吉宗への不信と怨みが深く沈潜しつづけている。吉宗より将軍の影目付・柳生俊平へ銃撃犯の捕縛と尾張藩の実情探索の命が下された。尾張百虎党と称する過激派の存在が浮上してきた。また朝廷への尊崇を旨とする藩祖以来の口伝もあり、桜町皇の密使である正三位大納言も暗躍。

あなたも好きかもしれません

尾張の虎 剣客大名 柳生俊平11 (二見時代小説文庫) by 麻倉一矢 ダウンロード PDF EPUB F2