最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

陰富大名 剣客大名 柳生俊平 : 13 (二見時代小説文庫)

  • 75 読みたい
  • 88 現在読んでいるもの

発行元 麻倉一矢 .

    Download 陰富大名 剣客大名 柳生俊平 : 13 (二見時代小説文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 陰富大名 剣客大名 柳生俊平 : 13 (二見時代小説文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 陰富大名 剣客大名 柳生俊平 : 13 (二見時代小説文庫) 無料で, 本の無料読書 陰富大名 剣客大名 柳生俊平 : 13 (二見時代小説文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 陰富大名 剣客大名 柳生俊平 : 13 (二見時代小説文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  麻倉一矢
    • レーベル:  二見時代小説文庫
    • シリーズ名:  剣客大名 柳生俊平
    • 発売日:  2020年02月01日
    • 出版社:  二見書房
    • 商品番号:  7275000001943
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    徳川御三家の水戸藩に、富籤にからむ黒い噂!


    将軍から影目付に直命。

    三十五万石の財政は火の車。藩主はやっと十歳の幼君。

    富籤の感応寺の悪と組んだ勘定奉行らの一派に俊平は、水戸の「婆沙羅若殿」と共闘


    谷中の感応寺は富籤の寺として名高い。だが正規の富札は一枚一分、庶民には手が出ない。そこで一枚一文の陰富が人気となる。御三家の水戸家は財政が火の車。先々代藩主の庶子・小谷鶴之介は、背に竜の踊る派手な紫の羽二重で街をのし歩く『婆沙羅若殿』。ふとしたことで藩勘定方に「陰富」販売を提案。将軍から直命された影目付・柳生俊平は、まず水戸の婆沙羅若殿に接近……。

あなたも好きかもしれません

陰富大名 剣客大名 柳生俊平13 (二見時代小説文庫) by 麻倉一矢 ダウンロード PDF EPUB F2